アクサ損害保険 評判

アクサ損害保険 評判

○ 低価格にも関わらず、事故処理もすばやく対応してくれた。

○ メールでの見積もり内容がわかりやすかった

○ 複数の保険会社から見積りをもらったが、一番安かった

× 事故の時の対応が遅かった

× 事故をしてしまった後の処理が遅くて相手を怒らせた


詳細→ アクサ損害保険 評判

インターネットで安い自動車保険の見積りをもらう方法

インターネットで安い自動車保険の見積りをもらう方法

インターネットで自動車保険の見積りをもらえるサイトがあります


もちろん無料で、最大20社の保険会社の見積りをもらえますので
少しでも安い保険料で充実した補償の自動車保険を選びましょう。


ただ、入力内容が多いので5分〜20分くらいの
時間を考えておいてください。


一括見積りを行った私の自動車保険は、三井ダイレクトが一番安く

同じ補償内容で68.250円→43.930円になりました。


入力をする前に準備していただく物は

◆免許証
◆自動車検査証 (車検証)
◆現在の保険証券 (新規の場合は無くてもOK)


詳細→インターネットで安い自動車保険の見積りをもらう方法
タグ:自動車保険

新車を購入する時の流れ

その1)手持ち金額を把握する。月々に自動車に使える金額を計算する 
      ・購入時にいくら位用意する? 月々の維持費は?


その2)欲しい車の見積もりをとる
      ・まずは自動車のカタログを手に入れてみる
      ・とりあえず車種とグレードを決めてしまう


その3)家の近所の駐車場の金額を確認する
      ・安い駐車場の探し方


その4)保険金額を確認する
      ・1億円払えますか、必ず任意保険には加入しましょう!!


その5)欲しい自動車のローンを計算してもらう
      ・あなたは本当にお金を借りれますか


その6)車種を練り直す 車種変更 グレード オプション
      ・自分の財布と相談して車種を練り直す


その7)任意保険の計算をしてもらう
      ・任意保険の月々の支払いや内容を確認しよう


その8)注文する
      ・新車の値引き術


その9)ローンの申し込み(審査)をしてもらう
      ・新車を注文してもお金が無ければ買えません


その10)駐車場を決めて契約する
      ・駐車場を借りるときに必要なお金


その11)印鑑証明書 実印の準備
       ・印鑑証明書・実印とは....


その12)必要な書類に記入 押印
       ・新車を買う時に必要な書類


その13)納車までに書類の記入漏れや納車日の確認
       ・書類の記入漏れや納車日の確認を忘れずに


その14)納車の当日からの任意保険を申し込む
       ・新車に乗る日に合わせて保険をかける


その15)新車を確認する
       ・新車のキズやオプションを確認する

詳細は→新車購入 流れ
タグ:新車 購入 流れ

中古車を購入するコツ

あなたの予算ならどんな中古車が購入できるのでしょう?

中古車価格は、地域によって相場が違います。

北海道であれば雪道でも安心な4WDに人気が集中しますし、
首都圏なら軽自動車やコンパクトカーが良く売れます。

良く売れるクルマは、少々高くてもどんどん売れるので、
その地域の中古車相場は高くなります。

同じ車種や走行距離のクルマでも10万円以上違うのです

詳細は安く中古車を購入するコツ

自動車任意保険には必ず加入しよう

なぜ任意の自動車保険に加入したほう(しなくてはいけない)が良いのでしょうか?

自動車に乗る場合、事故に遭う可能性はゼロではない!!のです

車を運転する時は、たとえ自分がどんなに安全運転を心がけていても、事故に遭う可能性をゼロにすることはできません

事故といっても、怪我をさせたり、車をぶつけたりと様々ですが、

■他人にケガや死亡を負わせる事故

■他人の車や建物等に損害を与える事故

■自分や同乗者がケガや死亡を負う事故

■自分の車が損害を受ける事故

■自分の車が盗まれる事故

などがあげられます

任意保険の簡単な内容は


◆対人賠償保険

歩行者や相手の車の搭乗者を死傷させた場合に自賠責保険で足りない分を補ってくれる補償です

相手の人に支払われる保険で、必ず無制限にしておいてください

支払額は1億円や2億円になるケースがあります


◆対物賠償保険

相手の車やガードレール、民家や、踏切事故で電車脱線などの場合の補償です

相手の車が高級車などのときには、賠償額が数千万になったり、もし踏切で電車をストップさせることが起これば1億円以上請求されたりします

これもぜひ無制限にしてください


◆搭乗者障害保険

保険に加入している車に乗っていた同乗者(自分の家族や友人)が死傷した場合に支払われます

約8割の方は1000万円〜2000万円の補償にされています

上記三点が基本となり 業界では「無制限 無制限 1000万円」や「無 無 1(む む いち)」と言われ、多くの方の加入方法となっています

そのほかにも


◆車両保険

自分の車が事故や盗難などの被害にあった場合、その損害を補償してくれます


など、ややこしい内容ですがしっかりと検討してください

ほかにも各保険会社から様々な特約が付いた保険が販売されていますし、同じ内容でも保険会社によって金額が違ってきます

下記サイトでは一括で複数社の自動車保険の見積もりを依頼出来ます

新規契約はもちろん、継続時の任意保険料の見直しにもぜひ活用してください

もちろん無料で見積もりをしてくれますし、見積り依頼をしたからといって、必ず契約しなくてはいけないわけでもありません

安心して自動車保険の見積もりをしてみてください


「オートバイテル・ジャパン」の自動車保険一括見積サービスは、
無料で保険のオンライン見積が依頼でき、約20社からお見積が届くシステムです





保険スクエアbang!は複数社の自動車保険を【無料】で一括見積もり依頼できるサイトです。





タグ:自動車保険
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。